メール
メニュー

電子カルテ・オーダ・看護機能を統合したWeb型電子カルテのパッケージです。実際の医療機関で要求された機能を搭載した製品であり、医療現場が使いやすい機能・サービスを目指しています。

お問い合わせはこちら

1画面構成で使いやすい

色々な画面を開かずに1画面で、登録までの一連の操作が行うことができます。操作方法も統一されており、一つのオーダーを覚えれば、他のオーダーはもちろん、カルテ入力の操作も可能です。

高機能なWeb型システム

Webブラウザ上での軽快な動作を実現。キーワード全文検索や未読、未承認検索、申し送り事項検索など様々な検索機能も充実しています。

柔軟なマスタ設定

様々な項目がマスタで設定できるので、病院運用に合わせたカスタマイズが可能です。オーダーのセットやテンプレートの作成はユーザーが簡単・自由行うことができます。

追加ライセンス不要

電子カルテ端末を増設したい場合も、追加ライセンス費用は掛かりません。端末への電子カルテ専用ソフトのインストールも不要なので、運用・管理が簡単です。

関連施設・地域連携での利用が可能

複数施設での利用や地域連携、クラウド化を見据えて開発されています。多くの施設で連携の実績がございますので、様々なケースにスムーズな対応が可能です。

機能豊富なカルテ入力

カルテ入力は、医師をはじめ、様々な職種が仕様する機能です。
キーボード入力はもちろん、テンプレートや書式等の入力支援ツールが、様々な場面で適切に過不足なく効率的なカルテ入力をサポートします。また、画面を切り替えることなく、過去の履歴や検査結果を参照・コピーでき、紙カルテにはない利便性を実現します。

1

オーダのチェック機能で安全性向上

処方オーダでは、履歴からコピー・医師別セット・薬品選択・薬効検索などからのオーダ入力が可能で転記ミスや書き間違いを防止できます。薬名は名称・薬効・医師別などで一覧され、用法・用量の規定値が表示され入力ミスを防止します。オーダー依頼時に極量・アレルギー・病名・機関重複・併用禁忌などのチェック機能が働き、安全性を高めることができます。

2

傾向を分析する拡張検索

電子カルテに蓄えられた診療データから、病名・薬品・検索結果を検索し、統計分析の補助として利用できます。ユーザーが利用しやすいように必要なシステム情報を開示し、外部の分析ツールなどの接続にも積極的に対応します。

3

運用提案
・検討

現場業務を把握し電子カルテを前提とした運用を検討

マスタ
設定支援

運用に適したマスタを作成

操作教育

運用にもとづく電子カルテの操作方法の研修会を開催

リハーサル
・テスト

決定した運用・マスタでの業務リハーサル、部門システムとのと統合的な接続テストを実施

稼働時
フォロー

稼動時に現場に立会い、操作方法のQ&Aやシステム調整対応

保守

稼働後の操作・設定の質問・運輸の相談と、障害対応

SMAC

(Solution Management and Access Center)

運用センターSMACでは、病院様が安心してシステムをご利用いただけるように、24時間365日体制で安定稼働を支援しています。

ITインフラ運用サービス

障害復旧までの時間を短縮、お客様システムの安定稼働を支援します。

セキュリティ運用サービス

防御、検知、対応のサイクルでサイバー攻撃からお客様の情報資産をお守ります。

コールセンターサービス

保守対象機器にトラブルが発生した場合には、最寄りのサービス拠点から技術員を派遣、迅速な障害復旧を行います。

電子カルテシステムを導入されたお客様の事例を紹介しています。様々な病院の導入事例やシステム構築例をご覧ください。

導入事例を見る

精神科医療に最適なWeb電子カルテ
プシュケの製品紹介はこちら

製品情報を見る
お問い合わせはこちらから矢印